御手洗はこちらです。

便所みたいなもんですね。

終焉のディープキス

 

「ねぇ、夕飯は何にしましょうか」

ソファに座りながらペラリと雑誌を捲る貴女と、冷蔵庫の中身を交互に二度づつ、横断歩道を渡る小学生の如く泳ぎ見た。

「んー、何でもいいよ」

だから私は、少しだけ意地悪をしたくなったのだ。

「質問を変えましょうか。この食事が最後になるとしたら、何が食べたい?」

「あぁ、そうきたかぁ。ん……お寿司、とか、食べたいかも。あぁ、でもなぁ……」

「ね?そう聞かれたら、ちゃんと考えるでしょう。私との食事はそう考えて答えて頂戴。明日には居なくなってるかもしれないんだから」

「う……ごめんなさい。気をつけます」

言っている意味を理解して頂けた様で、殊勝な態度を取る。

「わかってくれたならよろしい」

「じゃあさ、君なら何て答えるの?この食事が最後なら、何を食べる?」

「そうね、答えは一つよ」

ソファに座る貴女を押し倒して、問答無用に舌をねじ込む。
呻く声は、粘膜の接触により小さくなり、やがて消えた。
部屋に響くその音は、世界中で行われているソレと何も変わりはしないはずなのに、私達はソレと同じにはなれない事に、寂しいだなんて思ってしまった。
舌を抜いて貴女の瞳を覗き込むと、その瞳には私しか映っていなかった。その孤独は、あまりにも私の胸を締め付ける。

「……ふふ、貴女を食べるわ」

「……わぁお、強烈」

もう食事どころではなくなってしまったかしら。
暫く、貴女は息を止めてジッと私を見ていた。しかしそれも束の間、大きく溜息を吐くと私を抱き寄せる。

「はぁ、今ので凄く疲れた……」

「ふふ、ごめんなさい。どうしましょう、このまま続けてもいいけれど、お腹が空いてるのは本当ですし」

「……続きは、デザートって事でどうですか」

「あら、素晴らしい解答。その表現は満点ね」

「君ならこう言うだろうなって思って」

「よくお分かりで。伊達に長く付き合ってないわね」

「本当にね」

そのまま離れるのは少しだけ名残惜しく感じたので、色に染まったその頬に軽く口付けをして離れる。

「と、言っても残念ながらお寿司は無理なので、今日は野菜炒めとお味噌汁ね。待ってて」

「さっきの質問の意味!」

「ふふ、今度食べに行きましょう?予定は任せるわ」

「はいはい、お任せください。お姫様」

「お願いします、王子様」

エプロンを着けると、キッチンへ向かった。
冷蔵庫にあった適当な野菜を切りながら、結婚したらこんな生活を送るのだろうか、などと在りもしない未来について妄想してみた。だが、起こりえる未来を想像するのはただの予言だ。妄想とは、如何にして現実には起こりえない事を想像出来るか、に価値があるのだと私は思う。

私はそれを辞めたくないし、辞める理由もないけれど、どうしてもこの虚しさからは逃げだせそうにないので、今日の野菜炒めには玉ねぎが多くなってしまう。

「……ねぇ」

私の啜り泣きは玉ねぎのせいなのだけれど、どうしてかしら、あまりにも部屋の雰囲気はそうは言わせて貰えない。

「危ないわ、もう少し待ってて頂戴」

セーラー服にエプロン姿の私は、貴女にはどう見えているのだろうか。
甘えるように、背に鼻を擦り付ける貴女の顔は、今相対してもまともには見る事が出来ない。
だから、私はただただ玉ねぎを切り続ける。

「ちょっとやってみたくなっただけ。ほら、よくあるじゃんこういうの」

「……そうねぇ」

あぁ、玉ねぎってこんなにも涙が出るものだったか。

「寂しいね」

「そうかしら」

「寂しいよ」

「……そうかしら」

あぁ、もう酷い。
その顔は私が一番好きな貴女の顔だと知っているのに、それ以上に今の私は酷い顔をしているのだろう。
私は包丁を置くか、数瞬迷ってから置いた。
やはり、もう食事どころではないな。

「私は、ちゃんとここにいるのに」

「でも、やっぱり寂しいなぁ」

「……ごめんね」

「謝らないでよ、余計に……さ」

背中が冷たい。
私は貴女に振り向かないし、貴女は私を振り向かせない。
私達はずっと、このままなのだろうな。

「泣かないでよ」

「泣いてないわ」

「嘘つき」

「嘘じゃないわ」

少しだけ、空白が挟まれた。

迷った訳ではないのだろう。

空白まで含めてこそだから。

「……してよ」

「……今はダメよ。デザートだって、言ったでしょう」

「私はメインにはなれないの」

答えに迷う。
この世には吐いて良い嘘と、悪い嘘があると私は知っている。
でも、嘘も方便、だなんて言葉もあるから、今出せる精一杯の明るい声で

「……ベッドへどうぞ」

なんて言ってしまった事をいつか必ず後悔するのだろうな。
少しだけの意地悪が、こんなにも本気になってしまうから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

真面目に書いた、つもりです。

いや、本当に。

今まで、2000文字前後のSSは1~2時間程度で一気に書いていたのですが、これについてはしっかり考え、何日か置いて書き進めているので。

面白くは、まだ出来ていないのかなぁ。とも思いますが、今までとはちょっと変化がついているのでは、とも思います。

まだまだなのは分かっていますが、それなりに進められてはいるのかな。

 

さて、「終焉のディープキス」

曲紹介です。

 

歌詞のすべてが好きですね。

矛盾した感情について歌ってくれているのかなぁと聞くたび、歌うたびに思います。

しかし、それでこそ人間、なのだろうとも。

 

とりあえずこれを完成させることができたのは私にとって意味ある行為(何日かに分けて文章制作をする)だったので、本当に良かったです。

過去の自分の感情をうまい事バトンタッチすることはできそうなので、このままいけば少しづつ文章量をあげることができそうですね。

次のステップはやはり、大味にならないように気を付けて味付けをすることになりますかね。

このシリーズ(百合物語)もなんだかんだストック含めて一万文字ほどになりました。

しっかりこのひとつひとつを未来の自分にぶん投げたいと思います。文投げたい、みたいな感じで。

あとは、未来の自分がうまく調理してくれるはずなので、任せました。

では最後に問いを

 

「明日世界が終わるなら、今夜何食べる?」

 

以上です。