御手洗はこちらです。

便所みたいなもんですね。

温度

 

私達の住む街は、海よりほど近い場所にあり、夏はプールで塩素の匂いを嗅ぐよりも、海の潮風を浴びる方が多い程に、海とは身近なものだ。
しかし、私は夏の海を見に行くことも、遊びに行くことも殆どしない。
観光客が犇めき合い、風情なんてあったものではないし、何よりも、彼らの大多数は海そのものが目的ではなく遊べる場所と雰囲気と時期さえ合えばどこでもいいのだ。
そんな海を見ると「あぁ、都合良く遊ばれているわね」と可哀想に思えて、そんな貴女を見ていたくないと目を逸らしてしまう。
だから、私はこんな真冬の寒空の下で見る海こそが、本物だと思うのだ。

「海、好きだよね」

石畳の階段に腰掛け、寄り添う貴女は私の肩に頭を乗せる。
繋がれた私の右手と、貴女の左手に手袋をはめていないのは、少しでもいい、この距離を縮めたいと言う想いなのだろう。
こんなにも寒いのに、この手だけはこんなにも熱い。

「えぇ、好きよ。本当なら、此処に住み着いてしまいたいくらいには」

「こんなに寒いのによく言えるなぁ」

「水は冷たければ冷たいほど、本物なのよ」

「……うーん、ごめん。私にはわかんないな」

「ごめんなさい、自分でも何を言ってるのかよくわからないわ……」

「何それ……」

「思春期なの、許して」

「そう言うところ、好きだけどね」

「ふふ、ありがとう」

水は、冷たいほどに本物だ。
氷になる直前程の冷たさ。
触れると痺れ、浸かると縛られる様なあの感覚が堪らない。
いや、触れたことはあっても、浸かったことは無いのだが、きっとそんな感覚なのだろう。まだ妄想の域を出ないが。
しかし、果たして水は、氷と言う全く別の物になるその瞬間まで、自分の事を水だと信じて居られるのだろうか。
氷になったその後も、水であった事を忘れずにいられるのだろうか。

一際冷たい風が吹いた。

「うぅ……ざぶいぃ……」

身を縮ませながら、赤い鼻をこする。

「そうね、雪が降ってもおかしくないくらいね」

「雪かぁ、いいね。ロマンチック」

「雪、ね。……ねぇ、雪はどちらの記憶を持っているのかしらね」

「……うぅん、今日の君は難しい事ばっかり言うね」

「センチメンタルな気分になるの、海を見ると」

「……もっと近くに来て」

そう言いつつ擦り寄る貴女は言葉と行動がちぐはぐだ。
これ以上近づく事なんて出来ないのに、遠過ぎるその距離はどうしたって覆らないのに。
この想いが伝わっている事はわかっているし、貴女のその想いも私に伝わっている。
だから私も頬を寄せ、お互いの体温を別の意味で上げようと試みる。
互いの白い吐息が混ざってどちらのものかわからない。
それほどまでには、寒かったから。なんて言い訳を使うには都合が良すぎる季節だ。

「私は、海になれているかな」

頬を擦り合わせながら猫の様に鳴く貴女は曖昧な言葉を吐いた。
私の喋り方にほど近く、やっぱりそうして寄ってくるのは貴女の方。

「……そうね、どちらかと言えば、貴女は貝殻かしらね」

「……難しいよ」

「ついつい拾って持ち帰りたくなってしまうところがそっくり」

「いいよ、持って帰っても」

「ふふふ、そうね、海の底までついて来てもらっていいかしら」

「それでも、いいよ」

曖昧なやり取りを続けるのは、本物が怖いから。
どうしたって本物にはなれないのに、この想いだけは本物だと信じていたい。
簡単に本物の言葉を使ってしまったら、本物の嘘になってしまう様な気がするのだ。
しかし、こんなに寒くても海は凍らない。
それはきっと、海が私は私でいようと信じているからだ。こんな程度の温度では私は変わらないと強い意志があるからだ。
他の何者にもならないと強く自身を信じているから、凍らないのだ。
だから、ね。

「海は私よ」

「……そっか」

「だから、ね」

少しだけ、言葉にするか迷うのは、怖いからではなく、恥ずかしいからでもなく、この想いを言葉にするのは勿体無い、だなんて想ったから。

「……もっと私で溺れて」

「……もう、息なんて出来ないよ」

あぁ、ダメだ。
もういいや、ならば本当にその息は止めて頂こう。
この唇で。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

百合物語のつもりなんですけど、大丈夫ですかねぇ、これ。

考えて書いてはみたんですが、うまく行ってるかどうか自分ではまだあまりわからないです。

はい。

 

テーマは「海」です。

某所のコンテストへの応募作にするつもりですが、とりあえずでここへ投げておきます。

 

曲紹介です。

バルーンさんの「メーベル」


メーベル/バルーン(self cover)

最近毎日毎日聴いてます。

恐らくきっとこの曲は失恋の曲なんですが、サビの

「相対になるのは夜が明けてから」

と言う歌詞はとても大人だなぁと感じます。

でも、だからこそ一緒に居られなかったりもしてしまうんですよね。

わかってしまうから、気づいてしまうから、知ってしまうから。大人、と言うよりは賢くなってしまったから、とでも言いましょうか。

わからない、気づかない、知らない。

それがいかに子供で、そしていかに幸せな事で、これそのものに、わかってしまい、気づいてしまい、知ってしまったら、もう戻れないんだな、と。

 

以上です。

 

 

 

広告を非表示にする