読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御手洗はこちらです。

便所みたいなもんですね。

言えない言葉

「言葉にすると途端に安っぽくなる言葉って、多いよね」

空を舞う髪の先を、指で追いかけては纏め損ねる貴女は、何時も気怠げな目をしている。
夕陽はあまりにも赤く、枯れる様な赤に侵食された校舎は、今すぐにでも崩れ落ちそうな気がした。
一つの机は、お互いの肘を置くにはあまりにも狭く、その距離はあまりにも遠い。

「そうね、例えば」

照らされた貴女のセーラー服のリボンが眩しくて、私は目を閉じてそう問うた。
だから、貴女の顔を私は見ていない。

「好き、とか。愛してる、とか」

陳腐ね、と言いかけて、なるほど確かに安っぽい、だなんて息が漏れた。

「今笑ったでしょ」

「ふふ、ごめんなさい。少しおかしくって。でも、どうして」

「どうしてだろうね」

熱視線、とはこう言う事を言うのだろう。
熱い、熱かった。
燃えるほどに熱かった。
だから、内側から燃え出る前に目を開けてしまったのだ。
その目を見つめてしまったら、もう、逸らすことなんて出来ないと知っているのに。
その感情を、目を閉じて受け止められるほど、私は強くないから。

「そうね、確かに安っぽいけれど、その安さが良いんじゃないかしら」

「なんで」

「あまりにも高い言葉は、富豪にしか使えないじゃない」

「君のそういう例え、大好き」

「あら、知らなかったわ。もう一度言ってもらえるかしら」

「そういう所は、あんまり好きじゃない。好きだけど」

目はあまりにも物を言うから、私は裏の裏まで見つめてしまう。
そんな風に見つめないで。
今日はその目だけで眠れなくなってしまう。
そんな夜は何度目だ。
数えるのも飽きてしまったくらいには、数え続けた夜だった。

「好きだよ」

あぁ、もう。
そう言いながら、逸らすその目の奥まで見えるこの目を潰したい。
この耳を聞かなかったことに出来るなら、この拙い思いが虚しさに変わる前に、貴女と共に泡にでもなりたい。
音になる前から遡って消し炭にでもしてしまいたいのに、その音の元に辿り着く前に、私の蝋で出来た翼は溶けてしまうのだろう。

「私もよ」

それは嘘だ。
貴女のそれを私と同じモノとして扱うにはあまりにも私達は近過ぎて遠い。
酷い感傷に塗れながら、これは幸福の副作用だから、だなんて言えるほど私達はきっと大人じゃない。

「どうして」

「貴女が、貴女だから」

「やめてよ、嫌いだ。その誤魔化し方」

そうやって、誤魔化したいのはどっちなのだろう。

「私が、女じゃなかったらな」

「やめなさい、嫌いよ。その誤魔化し方」

あぁ、酷い顔。
愛おしいその顔、歪みきったその表情。
決して笑ってはいけないと知っているのに、心は愉快が止まらない。
歪んでいるのは私の方だ、醜いと言ってもいい。
むしろ、誰かそうやって私を叱って教育し直してくれるなら金なら幾らでも払ってやろう。良い医者を寄越せ。
この幾ら払っても治らないこの病気は、大人になっていくうちに消えて無くなってしまうのだろうか。
今すぐにでも治療してくれと泣き叫ぶ私が正常なのだろうか、こんな世界にした神様を呪う私が正しさの証明になるのだろうか。
踏み絵なら幾らでもしてやろうじゃないか、ねぇ、神様。
安っぽいと狂い笑いながら、割れるまでその絵を踏みにじってやろう。
それでこの想いが証明できるなら、幾らでも、幾らでも。

「もう、誰も居ないかな」

誰も居ないグラウンドを眺めて、暗くなり始めた空に、遅いよ、と非難を浴びせる。

「そろそろ暗いわ。帰りましょう」

夜は良い、誰にも気付かれずに走り抜けることができる。
どうしてこんなにも認めてもらえないのだろう、なんて嘆く声も、この黒なら吸い込んでくれそうだ。
まるで呪いだ。
きっと吸血鬼はこんな思いで生きていたのだろう。親近感が湧いてしまう。
正しさ、ってなんなんだろう。
正義の剣は、私達にとって銀の杭だ。
撃ち抜かれたら、灰になってしまうから。
なら、私達は悪なのだろうか。正義の味方は、一体誰の、一体何の味方なのだろうか。
この想いが悪だと言うなら、忌避されるべきものだと言うのなら、正義なんて私達には必要無い。
吸血鬼が血を吸わなきゃ生きていけなかったように、私は貴女の愛を吸わなきゃ生きていけない。
だから、私達は太陽の下を歩けない。

校門を出る頃にはもう辺りは暗闇に包まれていた。
貴女は何も言わずに私の細い手首を強く、強く、折れるかと思うくらいに強く握りしめてから、ふっと、諦めたように指を絡める。

「ねぇ、私の事、好き?」

「当たり前じゃない」

「あはは、ありがと、ちょっと元気出た。大好き」

あぁ、これはよくない。
貴女のその顔一つで、全てがどうでもよくなってしまう。

今日はもう眠れそうにない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

久しぶりに乗りに乗って書き出せた感じがあります。

テーマは「正義」でした。

ですが正直それは後付けのものなので、そこに関してはなんとも言えない感じはありますが、言いたいことは言えてるかな、と。

あれですね、百合が書きたかったんですよ、ほんとに。

方向性的にはこう言う百合が大好物なので、その手の作品をお持ちの方はぜひお教え下さい。